HOUSE ARCHITECTURE
新築・建替え

コンテンツメニュー
Contents Menu

新築・建替え
無垢材の魅力
EcoDAS(雪国快適仕様)
住まいづくりの流れ
施工事例
お問い合わせ
  1. 株式会社フォレスト
  2. 〒013-0464
    秋田県横手市大雄字石持171-1
    TEL.0182-23-8570
    Mobile.090-2026-0951
    FAX.0182-23-8571
    【受付時間】8:30〜17:30

雪国にあった快適さの追求
断熱性・遮熱性を重視した上で、光と風と太陽熱を生かす

私たちが考える家づくりで大切なこと

新築・建替え夏の暑さを防ぐ為に重要なのは日射を防ぐということ。
そうすることにより、高断熱、高気密により冷暖房の効率も高まり、省エネルギーで涼しい室内を過ごすことができます。
対して冬。
朝起きたての冬の部屋、芯から凍える思いをした方もいらっしゃるでしょう。
秋田県、特に横手市や大仙市などの県南地区は一年の半分が冬と言われる程寒く、高齢者や体の弱い方にはこの寒さが非常に堪えます。
そして、切り離せないのが雪への対応。
理想は、「雪下ろしのいらない家」「体に負担がない家」そして、何よりも「あたたかい家」。
私達のつくる住宅では、常に一定の温度を保っているため、早朝の厳しい寒さも無く、また少しの暖房で一日中あたたかく暮らすことが出来ます。
住宅は一生の買い物というように、永く快適に暮らせる住まいであることが大切です。
ご家族が将来に向けて変化していくように、住宅も15年後30年後と歳をとり変化していくことを見据え、フォレストホームは、そんなご家族の末永い生涯を安心して暮らしていただける"家づくり"をお約束いたします。

柱や壁を全て角丸にしたのは、住む人への配慮です。

角の立たない家角という角をRにし、室内全てに柔らかい印象を持たせました。
室内を動いていると、以外に引っかかったりぶつかったり、よくあるのは足の小指をぶつけての怪我など。
他にも住む人が普段触れられる部分にはRを多用し、人に優しい造りに仕上げています。

頭寒足熱は、人の体に優しい理想的な空間状態です。

蓄熱式床暖房建物内は玄関・脱衣場・トイレから2階まで全て一定の温度で保たれ制御されています。
全館床暖房と聞くと高いと思われるでしょうが、それはメーカーのパネル一体型の床暖房システムを使おうとするからで、そこを設計段階から計画し、基礎工事、断熱材を含めた床仕様を考え、市販の配管材料とボイラーの組合わせを考えることで、ローコストで品質の高い床暖房が可能になります。
ボイラーの熱源は灯油でも、ガスでも、電気でも自由に選ぶことができます。
ローコストで家計の負担にも角が立ちません。正に、"角の立たない家"です。

※写真をクリックすると拡大します。