新築住宅

蓄熱式全館床暖房
部屋と部屋の温度差を失くし、ヒートショックから守ります。

室内に暖房機がないのに暖かい、更にスペースを有効活用できます。

蓄熱式全館床暖房蓄熱式全館床暖房は、広い範囲に敷設した際に最も高い経済効果を生み、住居内を均一に暖めることができます。
場所による温度差だけでなく、時間帯による温度差も小さくなり、その結果として比較的低い室温で快適性が得られます。
また、設備がシンプルなので基本的にはメンテナンスも簡単です。寿命も長く半永久的(住宅と同程度の寿命)に使用できます。
熱源に電気、ガス、灯油を選ぶことができますが、各部屋で火を使うことがないのでお子様やお年寄りの方がいるご家庭でも安心して使用できます。床面の温度も低くてすむので低温やけどなどの心配もほとんどありません。
床暖房の本来の目的は、熱源が感じられない自然な暖かさで、部屋と部屋の温度差がない空間を作ることです。
居間だけを暖め、廊下やトイレに行ったら急に寒くなり、お年寄りを危険に晒すのが今までの住居暖房でした。
これをヒートショックと言います。
こうした問題を解決して家全体を暖め温度差をなくし、しかも燃費の良い暖房方法が蓄熱式全館床暖房なのです。
住む人にやさしいこの床暖房システムを、ぜひ多くの方に導入していただきたいと思っております。

頭寒足熱世の中には様々な暖房器具が存在しますが、多くの機種は暖気が天井に上がってしまい、室内の上下の温度差ができ、足元が寒くなるのが一般的です。弊社が推奨するこの蓄熱式全館床暖房は、唯一天井面より足元が暖かくなる暖房設備で、人間の身体に「最も優しい理想的な暖房方法」なのです。真冬でも裸足でフローリングの上を歩いても寒くありません。

蓄熱式全館床暖房の詳細はこちら

実際の新築施工事例はこちらでご覧頂けます。

コンテンツメニュー
Contents Menu

夢ハウスのものづくり
無垢材の魅力
住まいへのこだわり
蓄熱式全館床暖房
住まいづくりの流れ
新築住宅施工事例

このページのトップへ