TIPS OF CONSTRUCT A HOUSE
リフォームで失敗しないための住まいづくりのヒント

コラムバックナンバー
Column Backnumber

コラムトップ
屋根・外壁のリフォームサイン
システムキッチンの魅力
水まわりリフォームはまとめて依頼しよう
バリアフリーのメリット
省エネ住宅の魅力
リフォームの工事前後で気をつけていただきたい点
築年数で異なるリフォーム部分
水まわりリフォームでチェックするポイント
リフォームで失敗しない計画の立て方
「将来のライフステージを考えた家づくり」を
お問い合わせ
  1. 株式会社フォレスト
  2. 〒013-0464
    秋田県横手市大雄字石持171-1
    TEL.0182-23-8570
    Mobile.090-2026-0951
    FAX.0182-23-8571
    【受付時間】8:30〜17:30

バリアフリーのメリット

今後ますます高齢化が進む日本では、街のバリアフリー環境を整えることが課題として挙げられています。
また、街だけに留まらず、住まいにおいてもバリアフリー化が推進されております。バリアフリーリフォームを検討中のご家庭も少なくありません。
そこでこちらでは、バリアフリーのメリットについてまとめてみました。

介護の負担を減らすことができる

自宅で両親や祖父母の介護をしているという人は少なくありません。住み慣れている家であっても、介護をする前提で建てられていない場合には介護の負担が大きくなってしまうものです。
例えば、車椅子を使って移動をする場合にも段差があったり、幅が狭かったりすると不便です。スムーズに移動できないことはストレスとなってしまうのではないでしょうか。
段差というのは若い人や健康な人であればそれほど気にならないものですが、介護が必要な人や介護を行う側の人にとっては障害に過ぎません。そして、意識して家の中を見渡してみると、いたるところにそのような障害が存在しています。
介護というのは期間が決まっているわけではありません。いつまで続くか分からず、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかるものです。介護の負担を減らすのにバリアフリーリフォームは最適です。

安全性が向上する

段差を無くすことでつまずいて転ぶこともなくなります。
また、浴室やトイレ、廊下などに手すりを取り付けることによって移動や立ち上がるのが楽になったり、滑って転んでしまったりする危険性も回避することができます。
足腰が弱っているご高齢者はもちろんですが、赤ちゃんや小さなお子さん、妊婦さんにとっても安心ではないでしょうか。
家族全員にとってバリアフリーの環境は安全と言えるのです。

横手市にある当社では、バリアフリーリフォームを手掛けております。フローリング張替えや段差解消などといったことから、温度差によるヒートショックを防ぐための「温度バリアフリー(床暖房リフォーム)」にも対応しております。
また、歩行部分での手すり棒の取付やスロープ対応などのリフォームも行っておりますので、遠慮なくお申し付けくださいませ。