年収300万で住宅ローンはいくら組める?審査を通過するコツもご紹介します

住宅ローンを組む上で年収や勤続年数、雇用形態などに不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。
実際に借り入れをする際にも審査を通過できるのか悩むこともあるでしょう。
そこで今回は、年収300万円で住宅ローンはいくら組めるのか、また審査を通過するコツもご紹介します。

□年収300万で組める住宅ローンは?

・年収300万での借入可能額

住宅ローンをどのくらい組めるかは、年収倍率や返済負担率を目安に考えます。

年収倍率は不動産の価格が年収に対して何倍かを示す倍率です。

毎月の返済額を考え、借入額は年収の5倍から6倍くらいとするのが一般的です。
よって、年収300万の場合、住宅ローンの借入金は1500万円から1800万円程度になります。

返済負担率は、年収を100パーセントとしたときに1年間の返済額が占める割合を示すものです。
1年間の返済額を申し込み時点の年収で割ったものに100をかけると求められます。
返済負担率は20パーセントから25パーセント程度が一般的です。
例として、返済負担率を20パーセント、変動金利0.375パーセントで35年ローンを組んだとき、借入可能額は1967万円になります。

・年収300万で満額の住宅ローンを借りるリスク

返済負担率が30パーセントを上回ると、返済が家計を圧迫する可能性が高いです。
年収300万で返済負担率30パーセントとすると、毎年の返済額は90万円で、毎月の返済額は7万5000円です。
毎月の給与の多くが返済に使われ、貯蓄ができなかったり、急な出費に対応するのが難しくなったりすることも考えられます。

・年収300万の現実的な借入金額は

独立行政法人住宅金融支援機構による「2021年度フラット35利用者調査」を見てみると、マンションの場合、全国の平均で年収倍率7.2倍となっています。
年収300万でマンションの住宅ローンを考えてみると、借入可能額は2160万円程度になります。
月の手取りは約20万円で、返済は約5万5000円です。
返済負担率は22パーセントで、手取りの残りは14万5000円となり、家計を切り盛りできる金額といえます。

□年収300万で住宅ローンの審査を通過するには?

・ペアローンを利用する

ペアローンとは夫婦それぞれがローンの契約をして、互いに連帯保証人になる方法です。
借入可能額は二人分の年収をもとに申し込めるので通常のローンよりも増やせます。
ただし、事務手数料など契約にかかる諸費用は2倍かかってしまうデメリットがあります。

・頭金で借入額を少なくする

頭金を多めに用意して、借入額を少なくすれば審査は通りやすくなるでしょう。
また、利息を減らせるので月々の返済額も減ります。

・フラット35を使う

フラット35では、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して融資を行います。
返済期間中は金利が変わらない全期間固定金利型の住宅ローンなので、安定した返済計画を建てられます。
フラット35は、民間の金融機関が取り扱う住宅ローンよりも審査に融通が利くため、借り入れをしやすいという特徴があります。

□まとめ

今回は年収300万で住宅ローンを組むときの借入可能額と、審査を通過しやすくなる方法について解説しました。
借入可能額は返済に無理のない額とは異なっているため、返済負担率を考慮して借入額を決めることが大切でした。

住宅ローンは何歳まで組める?注意点やポイントもご紹介します

「人生において一番高い買い物は何か」という問いの答えは、住宅ローンです。
住宅を3000万円で建てた場合、ローンの組み方によって5000万円、6000万円になることがあります。
そんな住宅ローンを無理なく、充実した生活の中で返していくには事前に計画を立てることが大切です。
今回は、住宅ローンにある年齢制限や住宅ローンの注意点、返済のポイントを解説します。

□住宅ローンは何歳まで組める?

*借り入れは年齢制限がある

大手の都市銀行では「71歳未満」「70歳の誕生日まで」などの借り入れの年齢制限があります。
ネットバンクでは「65歳以下」「65歳未満」などのように、大手の都市銀行より低い年齢制限のところが多いようです。

借り入れの年齢制限以外にも完済時年齢が設けられています。
完済時年齢は「80歳未満」で設定されている金融機関が多くあります。
そのため、35年ローンを組めるのは44歳までです。

*45歳を過ぎてからでローンを組むときの注意点

45歳を過ぎてからは、完済時年齢の問題から35年ローンを組むのが難しくなります。
しかし、45歳を過ぎてから住宅ローンを組む人も一定数います。
45歳を過ぎてから長期間の住宅ローンを組むときは、老後の残債をどうするか考えなければいけません。
完済まで安定した収入の予定はあるか、健康状態に問題がないかなど考えることがあります。
これらの問題が出てくる可能性を考えて、頭金を多めに入れておく、定年前に繰り上げ返済するなど、できるだけ老後の返済額を減らすことが大切です。

□安定して住宅ローンの返済をするためのポイント

・先を見通した返済計画を立てる

ローンを完済するまでの期間を考えていく中で、借入可能額しか見ていないと手詰まりになる可能性があります。
借入可能額と無理のない借入額はイコールではありません。
老後だけでなく、子供の教育費などライフプランを見通した上で住宅ローンを組むようにしましょう。

また、金利と契約にかかる諸費用も見逃せません。
金利は大きく2種類に分けられ、「変動金利型」と「固定金利型」があります。
これらの特徴を理解した上で、ご自身に適した金利を選びましょう。

契約には「ローン保証料」「手数料」「団信の保険料」などの諸費用がかかります。
支払いにはこれも含め計画を立てていくことが大切です。

・ペアローンや親子リレーローンを活用する

ペアローンは夫婦がそれぞれ別に組む住宅ローンです。
契約が2本になるためリスクが二人に分散します。

親子リレーローンとは1本の住宅ローンを二世代で返済していくローンです。
住宅ローンの完済時年齢に近いがためにローンを組めないという人も、親子リレーローンでは借り入れができます。

どちらのローンも、一人でローンを組むよりも融資の希望額が通りやすい特徴があります。

□まとめ

今回は住宅ローンの借り入れ上限年齢と、安定して返済するためのポイントについて紹介しました。
住宅ローンには借り入れ上限年齢と完済時年齢がありますが、早く申し込めば良いというわけではなく、ご自身のライフプランに合った返済計画を立てることが大切でしょう。

オール電化住宅にお住まいで電気代が高いと感じる方へ、原因と節約のポイントをご紹介

オール電化住宅では、冬の電気代がかさむというニュースを目にしたことがあるかもしれません。
オール電化住宅は、平均的な家庭の消費電力量と比べてかなり大きくなっています。
今回は、高額な電気代の背景にある原因と節約のポイントについて解説していきます。

□オール電化住宅で電気代が高いと感じる原因は?

・エネルギー効率が悪い暖房機器の使用

暖房機器の中にはエネルギー消費量が同じでも、熱を生み出す効率が良いものと、そうではないものがあります。
当然、効率が良い暖房機器の方が、部屋の温度を同じにするために必要なエネルギー量は小さいです。

効率が良い暖房機器としてエアコンが挙げられます。
エアコンは空気の圧縮による熱を利用するヒートポンプという技術を利用しています。
ヒートポンプは使った以上の熱エネルギーを得られるため、エネルギーを有効に使用できます。

一方で、電気ストーブは電気から直接熱を生み出すため、エネルギー効率が悪いと言えます。
ただし、部屋全体への使用ではなく局所的な使用には向いているので、使いたい状況に合った暖房器具を使用することを心がけましょう。

・エコキュートのタンク容量より多く利用している

エコキュートは、電気代が割安な深夜の時間帯にお湯を作り貯め、昼間に使用するタイプの給湯システムです。
一般的には、370Lと460Lの2つのタイプがありますが、エコキュート内のお湯を使い切ると、電気代が割高な昼間に再沸騰させるため電気代が高額になってしまいます。

・昼間に電気を使用している

昼間に電気を使ってしまうことも原因の一つです。
電気代は割安な時間帯と割高な時間帯があるため、昼間に家で電気を使うことがあれば、使用量以上の電気代がかかります。

・契約がご自身に合っていない

現在の契約ではアンペア数、料金プランが合っていないことが考えられます。
もし必要以上のアンペア数で契約されている場合、無駄な電気料金を支払っているかもしれません。
アンペア数が大きくなるほど一度にたくさんの電気を使用できますが、そんなに多くの電化製品を使わない人はアンペア数を高く設定する必要はありません。
また、料金プランに関しても生活スタイルに合ったプランを選べていない場合、割高な電気料金を支払っているかもしれません。

□オール電化住宅で電気代を節約するためのポイント

*電気代が割安な時間帯に電気を使う

これまでに説明したように、日中は電気代が割高で夜間は電気代が割安です。
そのため夜間に電気を使用するようにすれば電気代を節約できます。
夜間に電気を使うからといって、必ずしも起きている必要はありません。
タイマー機能がある家電は、夜間にセットすることで電気代が安い時間帯に稼働させられます。

*省エネ家電を選ぶ

オール電化住宅では、省エネ家電を選ぶことが節約の近道です。
古くなった家電を新しい家電に買い替えるだけでも、性能が上がるため節約につながります。
省エネモードがある家電は、モードを切り替えるだけで簡単に節約できるので便利です。
新しい家電を検討するときには、省エネ性能を確認することをおすすめします。

*契約を見直す

契約している会社とプランの見直しを検討してみましょう。
地域の電力会社から新電力に切り替えたり、オール電化プランに契約を変更することで電気代が安くなることがあります。
生活スタイルに合ったプランになっているかを確認しましょう。

□まとめ

今回は、オール電化住宅における電気代が高くなる原因と節約のポイントについて紹介しました。
電気代を節約するためには、夜間の電気代が割安な時間を有効活用すること、省エネ家電を選ぶこと、そして自分に合った契約かどうかを見直すことがポイントでした。

読売新聞に掲載された「頭寒足熱」

もう数カ月前の話ですが、掛かり付けの小田嶋まさる内科に受診に行った際に院長先生から「今度フォレストさんの頭寒足熱の記事が読売新聞に掲載されますよ!」って言われました。???「えっ!どういう意味ですか?」って聞き返したところ「読売新聞社の記者さんがたまたまフォレストさんのホームページを見ていて、そこに書かれていた『頭寒足熱』に興味を持って、私のところに取材協力の打診が来たんですよ。」という事だったんです。てっきり弊社を取材して貰えるかと思ったのですが、まぁ世の中の人に『頭寒足熱』の大切さが広まってくれればそれで良し!と思い直した次第です。さて、その記事ですが今年の1月28日に掲載されておりました。読売新聞を取っていない私の為に小田嶋先生がコピーを取って渡してくださいました。それが下の写真です。
頭寒足熱.pdf
G.Wの最中、今の季節にはあまり興味が湧かないかも知れませんが、「これから家を新築しよう!」とか「リフォームをしよう!」とお考えの方は今一度冬の寒さを思い出して、是非この記事をご参考にして戴ければ幸いに思います。